あさイチ 8/24 隠れメタボにSJT40というが・・・

8月24日のNHK総合テレビ「あさイチ」の特集は、隠れメタボ。

肥満度の指数であるBMIが正常、おへその周りが男性85センチ以下、女性90センチ以下であるにもかかわらず、高血圧、高血糖、脂質異常の3つのうち2つ以上があてはまる場合を、隠れメタボといい、見た目的には太っていないので、通常のメタボよりも問題かも。

スポンサーリンク

急なダイエットで

番組では、隠れメタボになってしまった美容師さんが登場。朝を抜いたり、無理なダイエットで痩せはしたものの、隠れメタボがわかって本人もびっくりしたそう。

日本人のうち1千万人近くがメタボで、それに近い8人に1人が隠れメタボ。

一日3食をしっかり食べないで、ダイエットや接客仕事などで空腹時間が長いとよくないそう。

ダイエットで筋肉が減るのもよくない。

踏み台を上り降りする

福岡大学の田中宏暁教授が、隠れメタボ解消のための運動を教えてくれた。

その一つ目が、踏み台を上ったり下りたりすること。ゆっくり、おおきな動作で行うとよいそうで、田中教授のパソコンの前には椅子ではなく、踏み台がおかれていた。

階段を上り下りすれば十分代わりになると思ったが、番組的にはそれでは面白くないからか「もっと簡単方法」として紹介されたのが、SJT40。

SJT40とは、スロー・ジョギング・ターン40分

スロージョギングは、歩くような速さでゆっくりと行うジョギング。話ができなくなるとオーバースピードになるが、外に出ないとできない。

それを解消し、家の中でもできるようにしたのが、SJT40。

スロージョギングで6歩進んだら、3歩でターンをするというもの。

これを1日に40分行う。

もちろん、連続ではなくて構わないが、40分はむずかしそう。通勤の駅や買い物のスーパーには広くて、高い天井の分だけ長い階段があるからそこを歩いたり、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのがメインだろうから、テレビを見ながらつま先立ちから背伸びしてつま先立ちになってを繰り返すTTS40とかのほうがまだ良さそうにも思う。最後の40は1セット40秒でどうかな?

隠れメタボではなく、フルマラソン完走へむけての田中先生のインタビューは、とても興味深いので、趣向としてはずれるが、自分用にリンクしておこう。

(1)遅いのに速くなる?…スロージョギング 福岡大学教授・田中宏暁さん : RUN : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

【関連記事】
ノンストップ!ラクなのにやせる!スポーツウエアも不要のスロージョギング
NHK Eテレ きょうの健康 血管の老化を防ぐ!「予防最前線」でベンチステップが紹介
ためしてガッテン スロジョギはかかとを上げて

スロージョギングで人生が変わる【電子書籍】[ 田中宏暁 ]
価格: 690円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
ランニングブームの今、歩くペースで走るスロージョギングなら、中高年や高齢者でも楽しめる。ゆっくりなのにウォーキングの2倍の効果があり、内蔵機能・筋力、脳の機能も向上することが実証されている。本書は、スロージョギングのメソッドをわかりやすく解説し、すぐにも実践できるよう具体的なアドバイスも充実した一冊。
Supported by 楽天ウェブサービス
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク