ジョブチューン 医者ぶっちゃけSP あいうべ体操&腰痛タイプ別腰痛改善体操

7月2日のTBS系ジョブチューンは、医者ぶっちゃけスペシャル。

「朝起きたときに、のどがカラカラに乾いている人は、長生きできない!」

鼻呼吸できずに口呼吸していると、ゴミやばい菌などがそのまま体内に入りやすく、免疫力が低下しやすい。

スポンサーリンク

1カ月あいうべ体操をする

寝てる時に口を閉じていると口が乾くことはない。簡単な方法としては、包帯を留めるときにつかうサージカルテープを寝るときに口に縦に貼るだけ。

普段起きている間にも知らず知らずに口呼吸になったりする。

あいうべ体操を1カ月続けると、鼻呼吸に改善できる。

(1)口をおおきくあけて「あ」の形にする

(2)口を横に「い」の形に

(3)口を前へ突出し「う」の形に

(4)舌を大きく出し「べ」の形に

声は出さなくてもよい。

慢性的な腰痛にお風呂は要注意

銅冶英雄先生によると、長めにお風呂に入って血行がよくなっても、腰痛はよくならない。逆に背中がまがったままでお風呂に入っていると逆効果になる。

腹筋や背筋を鍛えても、椎間板のずれがもどらないので意味がない。

タイプ別腰痛体操

まず腰痛のタイプが、身体を後ろにそらすとやわらぐか前にかがむとやわらぐかを確認。

身体を後ろにそらすと腰痛がやわらぐタイプの人には、壁反らし体操。

(1)肩幅に足を開き、壁から一歩離れて壁に向かって立つ

(2)壁に手をつき、ひじを曲げないようにしてぐっと壁にむかって腰を突き出す

(3)2~3秒その姿勢を保ってから、元の状態にもどす

10回1セットを1日5セット行う。

前かがみになると腰痛がやわらぐタイプの人には、壁おじぎ体操。

(1)壁から一歩離れ骨盤を壁につける

(2)手をこしにあて(おへそを覗き込むようにして)上半身を前に曲げる

(3)2~3秒保ちもとにもどす

これも10回1セットを1日5セット行う。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント