ランスマ 1/15 伸び悩みランナーのブレークスルー講座 写真、時計、そして練習日誌

1月15日、2017年最初のNHK BS「ランスマ」のテーマは伸び悩み。

ちゃんと練習しているのに記録が頭打ちになってきたとか、初級者、中級者、上級者を問わず伸び悩みがある。
伸び悩みの原因を正しくつかむのは難しい。

自分の走りを分析する手軽な方法を教えてくれた。

スポンサーリンク

ブレークスルーのきっかけはいろいろ

ランニングアドバイザーの真鍋未央さんによると、ブレークスルーのきっかけになるアイテムがいろいろある。

身近なアイテムに、伸び悩みを克服するヒントがいっぱい。

ブレークスルーのアイテム「写真」

家族が撮ってくれたり、オフィシャルで撮ってくれているレース中の写真を確認する。意識していない分、そのままの自分が写っている。

ハーフマラソン完走を目指す秋元才加さんは、写真から歩幅が狭いことに気付いた。ペースを抑えすぎている可能性がある。

姿勢に関しては、ちょっと沈んで腰が落ち気味。膝に余計な負担がかかり、ペースダウンの原因になるという。

腕振りに関しても、ひじが後ろに引けていないので、肩甲骨が動かないため前に進む力が生まれない。

別の写真ではかかとから着地しているのがわかる。かかとから着地するとブレーキがかかってしまいスピードに乗れない。

たった2枚の写真だけで、こんなにわかるんだ!

ブレークスルーのアイテム「時計」

レースの1キロ1キロを振り返るのも、すごく大事。GPS機能のついた時計であれば、1キロごとのタイムもわかる。

実際のタイムと体感の差が大きいと、ペースの速すぎや遅すぎを引き起こす。その結果、無駄な体力を使ってしまう。

体感のタイムと実際のタイム差を縮めていくことが大事。

走り終わってはい終わりではなく、記録と取って見返す。

スポンサーリンク

金さんおすすめブレークスルーアイテムは?

金さんおすすめのブレークスルーアイテムは、練習日誌。

短いスパンではなく長いスパンで、練習どうでした、体調どうでした、天気はどうでしたとかを長い目で見ていると、ここで伸び悩んでいる原因というのは1週間前とかでなく、ずーっと前にあったりする。

練習日誌は、トレーニングの経過を一覧できる便利なアイテムだが、ただ漠然と書くだけでは効果がない。

細かく書くことでブレークスルーのヒントが見つかる。

金さんが50代でのサブスリーに挑戦したときは練習日誌をつけていて、練習メニューによって疲れがどれくらいたまるかを日々記録。

そのおかげで、ペースが落ちたときになにが原因なのか、疲れ具合から適格に探り当てることができたという。

足にできたマメまでイラストで丁寧に記録。靴紐の締め方を修正するなど、細かな工夫を重ねてサブスリーを達成した。

小さい走りを直すビルドアップ走

ビルドアップ走は、ゆっくりスタートし徐々にレースの目標ペースにして、最後はそれを上回るトレーニング。

スピードを上げるため、自然とフォームが大きくなる。

甘いペース感覚対策にペース走

目標ペースをキープしながら、長く走る練習。

時計を見てもよいので、ひとりでペースを管理することが肝心。

ペースを一定に保つコツは、リズムを口ずさむこと。走りながら音で確認する。

秋元さんは、千葉県いすみ市で行われた見事にいすみ健康マラソンのハーフマラソンを完走。

いすみ鉄道の街としてしか知らなかったが、増田明美さんの故郷だったとはちょっとびっくり。

1月28日放送のランスマでは、青島太平洋マラソンに元木大介さんが挑戦するそう。運動不足の中年といってもエンジンが違うが、上宮高校のときもちょっと中年ちっくな感じだったかも。

【関連記事】
ランスマ 11/12 お尻から脚を動かす 大臀筋を鍛える大股全力下り走

ガーミン(GARMIN)日本正規品スマート機能搭載GPSランニングウォッチForeAthlete230J(フォアアスリート230ジェイ) 日本版【あす楽対応】
価格: 28,965円 レビュー評価:4.5 レビュー数:8 (2017.1.15時点)
メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載していますスタイリッシュで軽量の前モデルForeAthlete220Jと比べ、バッテリー駆動時間の拡大とディスプレ イサイズの大画面化を図りました。さらに計測できるデータやスマホ連携が追加され、初級ランナーから上級ランナーまで、各レベルのトレーニングをしっかり サポートします。GPS、GLONASS、みちびきの3測位受信となり、高いビルの近くでも安定した受信が可能になります。さらに、トレーニング以外でも自身の運動量や消費カロリーが管理できるライフログ機能も備えています。イヤホンを装着したトレーニングを行った際に、ペアリングしたスマートフォンが
Supported by 楽天ウェブサービス
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ