ランスマ おしゃべりラン

4月28日の「ランスマ」は『沖縄HYが故郷を走る!~あやはし海中ロードレース』

沖縄の人気バンドHYのドラムのシュンさんが、2度目のハーフマラソンに挑戦。

おしゃべりしながら走るおしゃべりランで、キロ7分から7分半のペースを維持し、2時間30分を切ってフィニッシュした。

スポンサーリンク

おしゃべりランとは?

1回目のハーフマラソンのときには、オーバーペースで後半体力がもたずに散々だったという。

そこへ金哲彦さんがアドバイスしてくれたのが、1キロを7分から7分半のペースで走る「おしゃべりラン」。

おしゃべりできるくらいのペースで走る。

まわりの人とおしゃべりできるくらいの一定のスピードで走れば、息も上がらず、オーバーペースを防ぐことができるという。

1か月でハーフマラソン完走メニュー

おしゃべりランに加えて、金さんが教えたというメニューが

・週2回、1回45分から1時間走ること
・レースの前に、仕上げの90分間走をすること

90分間走は、距離ではなく時間で走るのがポイント。

距離が決まっていると、早く終わらせようとペースを上げてしまいがちになってしまう。

練習コースでサプライズも

おしゃべりランは、有酸素運動になるはずなので、より健康的でもありそう。

番組では、練習からおしゃべりラン。HYのメンバーがコースを決めて先導するように走っていたが、あとからアプリで確認するとその走路が「HY」を縦につないだような形に。

これって、ランナー仲間に対してのサプライズにも使えそう。

マラソンは、個人競技ではあるが、おしゃべりできるような仲間がいると励みにもなるし、一人で走るのとはぜんぜん違う。

シュンさんは、レースでもまわりのランナーに声をかけておしゃべりしながら笑顔で、キロ7分6秒ペースの2時間29分57秒でゴール。

初ハーフから約20分も更新した。

レース中におしゃべりをするのは、さすがに難しいだろうが、有酸素運動としてよく勧められるジョギングスピードがおしゃべりしながら走れるスピード。

普段からしゃべれるぐらいのペースがどれくらいかを意識しておくと、今回のランスマではオーバーペース防止ではあったが、それ以外でも効用があるかも。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ