たけしの家庭の医学 立ったときに手の甲が見える肩こりに、ねころび体操

4月24日の「たけしの家庭の医学」は、日本人の多くが悩む肩こりについて。

首や肩以外に根本原因がある肩こりは、おなか周りの筋肉に根本原因がある可能性があるという。

愛知医科大学の特任教授・岩堀裕介先生が解説してくれた。

【関連記事】
たけしの家庭の医学 毛細血管は新しく作ることも!毛細血管をタウリンで元気に
たけしの家庭の医学 骨スカスカ物質スクレロスチンを抑え骨密度をアップさせる「かかと落とし体操」

スポンサーリンク

立ち姿で肩こりの根本原因がわかる

立ち姿で、簡単に肩こりの根本原因がわかるチェック方法がある。

そのやり方は、立ったときに手の甲が見えるかどうか。

手の甲が見える人はお腹に原因があると言う

体幹の筋肉が弱いとなぜ肩こりに?

手の甲が見える人の肩こりの根本的な原因は、体感の筋肉をしっかり使えていないことにあるという。

なぜ体感の筋肉鍛えていないと肩こりなのか?

骨盤は通常、適度に前に傾斜しているが、骨盤が後ろに倒れると横隔膜が下にさがり背骨が猫背になる。

その胸郭の下に乗っている肩甲骨が前に傾き、そうすると手の甲が前を向く。

頭の位置も前に行ってしまう、いわいる猫背と言う姿勢になる。

僧帽筋は頭を持ち上げなければならないし、肩甲骨がお辞儀をしてしているので腕が前に言っているが、それも持ち上げなければならないそのため大きな負担がかかる。

普段から骨盤が上がる意識付けを

ちょっと力を入れるだけで骨盤が上がる。

普段から意識づけることが大切。

さらに、体感をうまく鍛える体操として、肩こり改善につながる「ねころび体操」が紹介された。

ねころび体操は、下半身ひねり体操、上半身ひねり体操とお尻持ち上げ体操の3種類。

下半身ひねり体操のやりかた

(1)ひざを立てて仰向けになり、手は横に広げる

(2)そして、ひざを左右にゆっくり倒す

左右やって1回を10回繰り返す。

下半身をひねることで、硬くなった脇腹や胸の筋肉がゆるみ、のびる効果が期待できる。

上半身ひねり体操のやりかた

(1)横向きに寝て、ひざを直角に曲げ、両腕を伸ばして手のひらを合わせる

(2)弓をひくように、腕を胸のほうに引き寄せ、ゆっくり元に戻す

左右でそれぞれ10回繰り返す。

胸を開いたり閉じたりすることで、背中や肩まわりの筋肉がゆるみ伸びる。

お尻持ち上げ体操のやりかた

(1)仰向けに寝て、ひざを立てる

(2)片方のひざを持ち上げ、胸に近づけるようにして、お尻を持ち上げる

(3)そのままの状態で3秒間キープする

この動きを左右で5回ずつ繰り返す。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] 【関連記事】 ・たけしの家庭の医学 立ったときに手の甲が見える肩こりに、ねころび体操 […]

  2. […] 【関連記事】 ・たけしの家庭の医学 毛細血管は新しく作ることも!毛細血管をタウリンで元気に ・たけしの家庭の医学 立ったときに手の甲が見える肩こりに、ねころび体操 […]