ノンストップ!ほどけにくい靴ひもの結び方「ベルルッティ結び」

4月16日の「ノンストップ!」で、「あらゆるものの結び方講座」と題して、靴ひもやお弁当の風呂敷からダンボールをまとめるときの便利な方法などが紹介された。

教えてくれたのは、ボーイスカウト日本連盟の石井琢磨さん。

スポンサーリンク

靴ひものベルルッティ結び

ほどけやすい革靴のひもにも向いているという、フランスの靴ブランドの名がついたベルルッティ結びが紹介。

そのやりかたは

(1)はじめに、普通の結び方より1回多く、2回ひもをまわす

(2)ひっぱったら、片側に輪っかを作る

(3)もう一方のひもを半周まわし、そのまま締めると普通の結び方になる状態にする

(4)(2)の輪っかをもう一回、中に通す

(5)整えながら引っ張る

LiLiCo さんがコメントしていたのと同じく、私も(1)の段階で1回だけひもを回す方法(ミズノ式?)をつかっているが、石井さんによると、(1)で2回巻いて(3)から(4)にかけても2回巻き同じ巻き数になるので、ベルルッティ結びのほうが美しく結ぶことができるとのこと。

(3)から(4)に2回巻くことで、摩擦が大きくなってほどけにくくなる。

YouTubeのベルルッティ結びの動画をみて少し練習すれば、すぐにできるはず。

こういった方法を覚えると、だれかに教えたくなること間違いない。

スポンサーリンク

本結びのやり方

普通の「固結び」は、きつく結ぶとなかなかほどけない。

それに対して、きつく結べてほどく時もコツさえつかめば簡単な「本結び」のやりかたが紹介。

そのやりかたは

(1)右側のひもを上に重ねる

(2)左手で、重ねた上のひもを一回ねじってひっぱる

この後がポイント。

(3)左側のひもを上に重ねる

(4)ねじって引っ張ると本結びの完成

(1)と(3)のひもの重ね方が同じだと、固結びになってしまう。

本結びのほどき方

本結びのほどきかたには、ちょっとコツがある。

そのやりかたは

(1)一方のひもを持つ

(2)反対の手で(1)と同じ側のひもを持つ

(3)(1)のひもを、平行で逆向きに引っ張る

(4)引っ張られたほうのひもを、そのままスライドさせて引くと抜ける

【関連記事】
愛ちゃん結び 福原愛選手の早くてほどけない靴ひもの結び方
TBS「この差って何ですか?」 靴ヒモが圧倒的にほどけにくくなる結び方
あさイチ スゴ技Q 平たい靴ひも・丸い靴ひも ほどけにくい靴ひもの結びかた

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] 【関連記事】 ・TBS「この差って何ですか?」 靴ヒモが圧倒的にほどけにくくなる結び方 ・ハナタカ!優越館 靴ひもがほどけにくいイアン結び ・ノンストップ!ほどけにくい靴ひもの結び方「ベルルッティ結び」 […]