マツコ会議 アミューズメント型パーソナルジム『ジャングルジム』

1月27日の「マツコ会議」は、セレブがお忍びで通うというアミューズメント型パーソナルトレーニングジム『ジャングルジム』が紹介。

USJのハリーポッターのアトラクションのチームが作成しているという、300年前のヨーロッパの古城をコンセプトにした内装がインパクト強いが・・・。

スポンサーリンク

1組限定

基本は、全館で1組限定のプライベート重視のジム。

マグマスパスタジオという部屋では、室温が37℃、湿度が65%に保たれていて、床に富士山のふもとでとれた溶岩プレートが敷き詰められている。

これを温めることで遠赤外線が出て、体のなかから温めてくれ、免疫力を上げながらトレーニングをするという。

利用者の声

マッサージから始まって、有酸素や筋トレなどのトレーニングのあと、再びマッサージで終わるので、気持ち良い感じが残り辛いイメージがなく、また行きたいなと思うという。

メーキャップアーティストのTAKAKOさんは、去年の4月に通い始めて10か月で8キロ減。

完璧にトレーナーの人が、メンタルから全部を見ながら1時間しっかりやってくれるので、無駄がない。

1時間も2時間もジムにいるのが良いというわけではなくて、短時間でいろんなことをやるので1分が惜しいという。

二の腕が全然かわり、ドレスを着てもデコルテがキレイになりオバゾーン(おばさんのようなゾーン?)が無くなってきたという。

スクワットがすごいので、ふともものうしろ側もグーッと上がってくるとのこと。

温めて動かす

元々アイスホッケーの選手だったオーナーさんによると、運動経験のない人でも3か月で15キロは落とせるという。

洞窟のような部屋で筋トレすることで、温めて動かす。

1℃くらい体温を上げていくように動かす。

食事は選んで食べる。

炭水化物を抜けばよいという流行があるが、炭水化物はエネルギー。

腸が元気でないと元気な体になっていかないので、腸に良いものを食べる。

日本人が昔から食べていた、納豆や漬物やみそ汁を食べるとよい。

フィットネスクラブもAI! 1回20分で効率よくトレーニングできる「エクササイズコーチ」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ