主治医が見つかる診療所 お尻を鍛えて見た目も若返る ペットボトルつぶし尻トレ、お尻浮かし、ヤンキー座り

1月25日の「主治医が見つかる診療所」で、お尻を鍛えて見た目も中身も若返る方法が紹介された。

スポンサーリンク

お尻の老化順序

半円形でプリッと上がった状態から、老化が進むにつれて、まずお尻の下の部分が緩む。

続いて、お尻全体が下がりやや四角い形になって、さらに垂れ下がりもっと四角い形になる。

ペットボトルつぶし尻トレ

美尻王子こと元バレエダンサーの竹田純先生が、ペットボトルをつぶし尻トレを教えてくれた。

用意するのは、圧力をかけたときに音が鳴って潰れるペットボトル。

(1)かかと、つまさき、ひざをつけ、つま先を90度ひらく

(2)ゆっくりとひざを、つま先の方向に少し曲げる。

(3)股にペットボトルを挟み、太ももの内側をゆっくりとぎゅっとしめる

ペットボトルの音が鳴ればOK。お尻の筋肉が正しく使えている。

お尻の筋肉を鍛えることで骨盤が立ち、見た目も若返る。

1日10回ペットボトルを鳴らすことを目安に行う。

応用編・フラミンゴ

(1)一方の手でイスの背もたれをもち、両足をつけて立ち、つま先を約90度開き、ペットボトルを股に挟む。

(2)イス側と反対の足を後ろに上げ、ペットボトルを落とさないように屈伸する。

上級編・クリオネ

(1)仰向けになって、ひじで身体を支え、両脚を伸ばしたまま重ねる

(2)そのままひざを曲げて足を開き、股にペットボトルを挟む

(3)足を閉じてお尻に力を入れ、ペットボトルを鳴らす

これを1日に10回程度、左右の足を入れ替えて行う。

お尻浮かし

近畿大学の谷本道哉准教授によると、大臀筋を鍛えると全身の筋肉の活動量が増え、結果的に痩せやすい体になるという。

そのためのトレーニング方法として「お尻浮かし」が紹介された。そのやりかたは

(1)床に仰向けになる。

(2)両足をしっかりつけて、ひざを90度くらいに曲げる。

(3)2秒でお尻をできるだけ高く上げ、上げきったところでお尻にキュッと力を入れ、2秒で下げる。

2日に1回程度、筋肉を休ませながら無理せずに行う。

応用編としては、お尻を下げたときに床につけずに行う。

お尻を柔らかくするヤンキー座り

背中を縦に走る脊柱起立筋が硬くなると、腰痛の大きな原因になるという

戸田整形外科の戸田佳孝院長が、お尻の筋肉を柔らかくするヤンキー座りが紹介。

深く腰を下ろすことによって、脊柱起立筋がもっとも引き伸ばされる。

(1)肩幅に脚をひらく

(2)かかとを床につけたまま腰を落とし、上半身をゆっくり前に傾ける

(3)ベルトの上5センチぐらいのところから、げんこつで20秒間押し下げるように擦る

朝・昼・晩、20回ずつ、1日3セット程度行う。

バランスのとりにくい場合は、イスやベッドに体を預け、片手で背中を擦ってもよい。

ヤンキー座りで歩く

股関節のまわりや大腿四頭筋を鍛えるために、ヤンキー座りをしたまま歩く。

ポイントは、かかとを床から上げずに歩くこと。

骨盤底筋も鍛えられるので、尿もれの防止にもなるという。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ