予約殺到!スゴ腕の専門外来SP タオル1枚でできるひざ痛予防改善運動

11月28日の「予約殺到!スゴ腕の専門外来SP」で、変形性膝関節症の名医・横須賀市立市民病院の竹内良平先生が行う翌日から歩ける手術が紹介されたあと、タオル1枚でできるひざ痛の予防改善運動が紹介。

長さ約100センチのタオルを、縦に二つ折りにして準備する。

【関連記事】
予約殺到!スゴ腕の専門外来SP 認知症予防にシナプソロジー「すりすりとんとん」

スポンサーリンク

ももの裏の筋肉とひざを伸ばす運動

ももの裏の筋肉とひざを伸ばす運動のやりかたは

(1)二つ折りにしたタオルの両端をぎゅっと持つ

(2)床に両脚を伸ばして座り、タオルを足の指先にひっかける

(3)ひざとかかとを床につけたままで、タオルを引っ張る

5つ数えたら力を抜くのを10回繰り返す。

ひざを柔らかく保つために、大腿二頭筋を鍛えひざを伸ばす。

加齢とともに硬くなるひざを柔らかくする効果があるという。

大腿四頭筋を鍛えひざを曲げる運動

(1)片脚のひざを上げて、タオルを足首に交差してかける

(2)クロスさせたタオルを手元に引き寄せて、足首をグーッと引き寄せる

5つ数えながら引っ張る。

5秒1セットを1日10回行う。

普段から、ひざと周りの筋肉を動かすのが重要。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] 【関連記事】 ・予約殺到!スゴ腕の専門外来SP タオル1枚でできるひざ痛予防改善運動 […]