WBS EMSトレーニング機器人気ランキング シックスパッドがベスト3独占

11月13日の「ワールドビジネスサテライト」で、

フィットネスクラブに行きたくても、近くになかったり時間がなかったりしてなかなか行くことができない。

そんな人でも隙間時間に、しかもながらトレーニングで鍛えることができるEMSトレーニング機器のランキング(2017年9月14日から10月14日のヨドバシカメラ全店の販売実績)が紹介された。

ひと昔前まではEMSといえばショップジャパンという感じだったが、いろんな商品が現れてきていてビックリ。

スポンサーリンク

EMSとは

EMSはElectrical Muscle Stimulationの略。

電気刺激を与えて、筋肉を動かす仕組み。

男性の筋トレ需要だけでなく、おなか周りや二の腕などを気にする女性にも人気が高まっている。

トップ3は徹底した本物志向のシックスパッド

1位 MTG シックスパッド アプズベルト
2位 MTG シックスパッド アプズフィット2
3位 MTG シックスパッド ボディフィット2

サッカー・ポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウド選手が開発が協力し2年前から販売のシックスパッド。

EMSトレーニング機器市場の盛り上がりの、けん引役になっている。

人気の秘密は、徹底した本物志向。

MTGは中京大学や京都大学の研究室と共同開発をしている。

それまで科学的な根拠があまりなかったが、MTGは実証研究をしていない製品は販売しないことを徹底しているという。

本当に効果が検証されているEMSとして、アピールしている。


4位 マクセル もてケア 4極タイプ
5位 マクセル もてケア ウエスト&ヒップ
6位 ドクターエア EMSエクサパッド

マクセルの「もてケア」。4極タイプは、貼り付けて腹筋などを鍛えるもの。
ウエスト&ヒップタイプは、腰やお尻に巻き付けるようにして使う。

日本の新規参入メーカーの製品も

7位 エレコム エクリア リーン フルセット(ピンク)
8位 ショップジャパン スレンダートーン コネクト
9位 エレコム エクリア リーン フルセット(ブルー)
10位 プライムダイレクト バタフライアプス

7位と9位は、日本の新規参入メーカーの製品。

女性を意識した「エクリア リーン」には、他にはない独自の機能がある。

女性は男性と比較して皮下脂肪が多い。

エクリア リーンは、電気刺激を2000~5000ヘルツまで周波数の調整が可能。

皮下脂肪の多いおなかの場合、2000ヘルツでは体の奥の筋肉まで電気は届かないが、5000ヘルツであれば脂肪の奥になる筋肉まで鍛えられる。

皮下脂肪の厚みに合わせた周波数を選ぶことで、効果的に筋肉を引き締めることができる。

担当者の話では、今ある体を美しく見せたいという美容関心からの購入が多いとのこと。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ