中居正広の身になる図書館 50m走で子どもの足が速くなるツボ

11月13日の「中居正広の身になる図書館」は『2時間スペシャル 子供が天才になるツボ全部教えます!』

この中で、サッカー日本代表の吉田麻也選手などを指導するフィジカルトレーナーの杉本龍勇さんが、50メートル走が速くなるツボを教えてくれた。

スポンサーリンク

こぶしが目の高さにくるまで腕を振る

腕をちゃんと使わないと、速く走ることはできない。

腕を振ることによって全身運動に変えて、全身の力で走る。

速く走るためには、前に出すこぶしが目の高さに、後ろはひじを肩の高さまで上げて振る。

こうすることで、全身を使って走れるようになり、足が速くなるという。

バランスをけんけんで鍛える

2つめのツボは、けんけんでバランス感覚を養うこと。

走るにしても歩くにしても、両足が着いている局面はほぼない。

走るのに大事なのは、片足でのバランス。

自分の体を片足で支えてバランスを取るのに、けんけんが効果的。

一点を見て走る

3つめのツボは、姿勢を良くするために一点を見て走ること。

正しい姿勢で走るのが大事。

上半身が揺れたりしてしまうと、推進力に悪影響を及ぼす。

目線の高さを整えた位置からずれないようにキープしていれば、正しい姿勢を維持しやすい。

正しい姿勢の作りかた

(1)足を揃えて立ち、腕を真上にあげる。

このとき、腕が耳の後ろにくるようにする。

(2)目いっぱい伸ばしたら、腕を(伸ばしたまま横から)下ろす

(3)猫背にならず、胸を張ったこの姿勢で走る。

【関連記事】
情熱大陸 3/19 走らせ屋・フィジカルトレーナー杉本龍勇 走りのポイントは股関節の開き、腕の振り、中臀筋
嵐にしやがれ 1時間で足を速くする覚醒メソッド
Rの法則 走れ!ランニングマン コツは「ピンと振ってワンツー」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ