主治医が見つかる診療所 血管ストレッチ

体のやわらかい人は、血管も若いという。

11月9日の「主治医が見つかる診療所」では、『血管を柔らかくして見た目も中身も若返るぞスペシャル』と題して、血管を柔らかくする極意が紹介。

【関連記事】
主治医が見つかる診療所 血管しごき
主治医が見つかる診療所 食べるだけで血管を柔らかくするビーツ

スポンサーリンク

血管ストレッチ

立命館大学の家光素行先生が、血管を柔らかくする血管ストレッチを教えてくれた。

通常のストレッチは筋肉を柔らかくすることを目的とするが、血管ストレッチは太ももの付け根、ひざ裏、ふくらはぎの太い血管部分を狙って行うストレッチ。

それによって血流が増える。

それが繰り返されることで、血管がやら若くなるという。

ひざ裏の血管んストレッチ

(1)ストレッチする足を前へ出し、両手をひざの上に置く

(2)反対側の脚を軽く曲げて腰を落として、ひざの裏を伸ばす

このまま30秒間キープ。

左右両方行う。

ふとももを刺激するストレッチ

(1)両手をついて座る

(2)ストレッチする足をゆっくり後ろに伸ばす

このまま30秒間キープする。

ポイントは呼吸を止めずに。

左右の足、両方行う。

ふくらはぎの血管

(1)立ひざを外側に少し広げるついて座り、反対側の足を外側に少し広げる

(2)ふとももを胸で押すように、体をゆっくり前へ倒す

なるべくかかとを上げないようにする。

30秒間ずつ、左右の足を行う。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 血管ストレッチ、血管しごきに続き、食べるだけで血管が柔らかくなる食べ物として紹介されたのは、ビーツ。 […]