WBS 1台10役の壮大すぎる筋トレマシーン「iGym」

10月2日の「ワールドビジネスサテライト」で、宇宙飛行士の運動不足解消を目的に作られたという、1台10役の筋トレマシーンが紹介された。

スポンサーリンク

1台で全身のトレーニングが可能

肩に担ぐようにして持ち上げればスクワット運動になり、

両腕で引き上げれば、胸や腕の上部を鍛えられる。

寝そべればベンチプレス、座ればボート漕ぎなど、1台で10種目以上のトレーニングが可能。

重さもおよそ6キロなので、折りたたんで持ち運びも可能。

宇宙飛行士の筋力低下を抑えるため開発

宇宙飛行士は宇宙船ISSの中では、無重力で筋力低下が激しく、2年間研究会をJAXAの中で行った結果できたのがこの「iGym」

ロケットは重さが1キロ増えると、飛ばす費用が数百万円増えると言われていて、コンパクトで多機能なことがとても重要。

自分の筋力を測定することもでき、インターネットとつなげると結果をスマホにも表示することができ、その結果をどんどん蓄積していくこともできる。

油圧なので、負荷も変えられる。

発売時期は未定とのことだが、自宅でもジムにあるような器具に近いものでトレーニングできると面白そう。

ブルワーカーと同じように、すぐに使わなくなりそうな気もするが・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ