WBS フィットネスクラブランキング

9月19日の「ワールドビジネスサテライト」で、ニーズにあわせて多様化しているフィットネスクラブの売上ランキングが紹介された。

トップは、言われてみれば、あぁそうかと思うところだが、フィットネスクラブというイメージではなく個人的にはちょっと意表をつかれた感じだった。

【関連記事】
次世代砂糖で、砂糖もより健康的に?

スポンサーリンク

VRだけでなくプロジェクションマッピングとも融合

・1位 コナミスポーツクラブ

トレーニングジムから子ども向けの運動教室まで、全国各地で総合ジムを展開。

新たに、プロジェクションマッピングと融合したボルダリングも。

・2位 セントラルスポーツ

・3位 ルネサンス

VRを使ったサイクリングを投入。

異空間を駆け抜けるような感覚が楽しめる。

一方で、シニア向けの「元気ジム」という介護予防の専門ジムも拡大中。

・4位 ティップネス

・5位 LAVA International

駅前を中心に急拡大中のLAVAは、ホットヨガ専門のスタジオで、若い女性を中心に人気。

ホットヨガスタジオLAVA

・6位 RIZAP

短期間のダイエットでお馴染のRIZAP。次なる一手として、胃がん患者の手術後の筋力低下と止めるトレーニングを東大医学部と共同研究中という。

・7位 カーブスジャパン

カーブスは女性専用で、トレーニングは1回30分のみ。中高年の利用が多いという。

・8位 東祥

・9位 東急スポーツオアシス

・10位 オージースポーツ

東急スポーツオアシス、オージースポーツの2社ともに24時間営業に乗り出し、利便性で人気を集めているという。

個人的には、VRをつかった自転車トレーニングが楽しそうだが、田舎暮らしには縁遠いな。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] 【関連記事】 ・WBS フィットネスクラブランキング […]