ソレダメ!家事体操「床拭きワイパー体操」「体幹テーブル体操」

9月13日の「ソレダメ!」で、パーソナルトレーナー界のレジェンド・和田良覚さんが、家事をしながらインナーマッスルを鍛えることのできる家事体操を教えてくれた。

スポンサーリンク

床拭きワイパー体操

足を上げるときに使うインナーマッスルの腸腰筋を鍛え、つまづくのを改善するという「床拭きワイパー体操」のやりかたは

(1)床拭きワイパーを前に滑らすのと同時に、片足を大きく前に踏み込む

(2)元の姿勢に戻ったら、反対側の脚も同じように大きく踏み込む

ポイントは、踏み込んだ時に、ひざではなく股関節に体重を乗せること。

そうすることで腸腰筋を鍛えることができるという。

胸を張ると体重が腰にかかり腰を痛めてしまうので、やや前傾しながら股関節に体重を乗せる

体幹テーブル体操

深層部の腹筋・腹横筋は姿勢を保つ役割を担うインナーマッスル。

弱いと体のバランスが悪化したり腰痛になったりするという。

この腹横筋を鍛える「体幹テーブル体操」のやりかたは

(1)ぞうきんでテーブルを拭くときに、テーブルの上で両手にぞうきんをもつ

(2)腰ではなく股関節を折り曲げてお尻をひきながら、手を前に滑らせてテーブルを拭く

股関節から曲げて、お尻を突き出し、手を伸ばしたままテーブルを拭く。

上半身と下半身が逆方向に引っ張られ、腹横筋が鍛えられるという。

どちらも、一見簡単そうだが実はむずかしそう。

それでも、床掃除のときとかテーブルの掃除のときとかに思い出したら、試してみよう。

世界一受けたい授業 サッカー長友式ヨガで腰痛・肩こり・ぽっこりお腹撃退

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ