柔軟講座 ぐるぐる回しで肩こり解消

Eテレ「趣味どきっ!柔軟講座」の第6回は、『ぐるぐる回しで肩こり解消』

筋肉の動ける範囲を広げ肩こり解消を目指す、動的ストレッチ・静的ストレッチと筋トレが紹介された。

【関連記事】
柔軟講座 夢じゃない!?開脚 ふともも内側のストレッチ
柔軟講座 お尻の大臀筋のストレッチ
柔軟講座 ハムストリングスのストレッチ
柔軟講座 躓き予防にひざ下のストレッチ
柔軟講座 中野ジェームズ修一のデイリーストレッチ

スポンサーリンク

肩関節周囲の柔軟性チェック

(1)まっすぐに立ち、腕を上と下から背中にまわす

このとき、指先の間が10センチ未満なら、適度な柔軟性がある。

10センチより離れると、柔軟性不足。

肩ぐるぐる動的ストレッチ

(1)まっすぐに立ち、両手を肩に乗せる

ひじにライトがついていると思って、そのライトを下に照らすようにする。

(2)ひじを正面に向けたあと、真上に上げる

ひじでまっすぐ前を照らしたあと、真上を照らすようにする。

(3)そして、真横に向ける

ひじについているライトで、真横から少し後ろを照らすように行う。

これらの動きをリズミカルに、ひじで円を描くように回す。

反対回しも同じように、それぞれ20回ずつ行う。

肩甲骨スライド動的ストレッチ

(1)まっすぐに立ち、両手を合わせて下に伸ばす

肩が上がらないように、誰かに手を下に引っ張られているような感じで伸ばす。

(2)てのひらを合わせたまま頭の上に伸ばす

上に誰かに引っ張られているかのように、肩もグッと上げる。

(3)肩甲骨を寄せながらてのひらを返して外へ向け、ひじを曲げて真横に開き、横の壁を撫でるような感じで肩甲骨を寄せる

円を描くように、リズミカルに動かす。

目標は自然な呼吸で20回。

首曲げ動的ストレッチ

(1)真っ直ぐに立ち、両手を頭の後ろに当て、首を前に倒す

手は添えるだけで、頭を押さず、両腕は二の腕同士が平行になるくらいにする。

(2)両ひじを外に引きながら肩甲骨を寄せ、寄せながら勢いをつけずに首を反らせて上を見る

肩甲骨を寄せると首の稼働範囲が広がり、首が無理なく上げられる。

この動作をリズミカルに繰り返す。

頭下げストレッチ

(1)いすに座り、片手を後ろに回して背もたれをつかむ

(2)反対側の手は、頭の上、上げた腕と反対側の耳の上あたりに置き、手で押さえながら頭を斜め前に下げる

反対側も同じように行う。

最後に、両手に500ミリリットルのペットボトルを持って、ゆっくりを腕を広げながら上げ下げする筋トレが紹介された。

動的ストレッチが、すごいゴリゴリ言ってちょっとこわいくらいではあるが、それだけ凝り固まっているということかな?

肩こりはないが、肩甲骨まわりは確かに硬いので、もっと可動域が広くなるようにトレーニングしよう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ