世界一受けたい授業 おしり力を鍛えるイスクワット、リュックサック

9月2日の「世界一受けたい授業」で、おしりの力が取り上げられた。

いすに座っている時間が長い日本人は、おしり力が弱く、そのままだと将来寝たきりになってしまう危険もあるという。

近畿大学の谷本道哉先生が、おしり力を鍛える体操や日常の移動時の工夫のしかたを教えてくれた。

フィットネスクラブもAI! 1回20分で効率よくトレーニングできる「エクササイズコーチ」

スポンサーリンク

日本人は骨格的にも快適生活からもおしり力が落ちがち

日本人は、骨格的にみておしりの筋肉が発達しにくり特徴があるという。

日本人の骨格は骨盤が後ろに傾きがちで、欧米人に比べて4度くらい後継している。

すると、おしりの筋肉である大臀筋が緩んで使われにくくなり、おしり力が衰えてしまう可能性がある。

日本人は世界一座っている時間が長く、そのため猫背になり、骨盤がさらに後ろへ傾きがち。

エスカレーターやエレベーターなど、快適な生活によってもおしり力が落ちる。

ハイヒールを履く女性はさらに注意が必要。

ハイヒールを履くと骨盤が後ろに傾き、知らない間におしりの筋肉を緩めてしまうという。

おしり力チェック

これができないとおしり力が落ちているという、お尻の力のチェックのしかたは

(1)仰向けになり、ひざを90度に曲げる。両腕は胸で組む。

(2)片足をひざの上にのせる

(3)お尻をぐいっと上げ、肩からひざまでが一直線になるようにしたら、そのまま10秒キープする

高齢の場合は、筋力が半分におちているので、両脚で同じように上げる

10秒できないとお尻力が弱い。

脚を入れ替えて、同じようにやってみる。

スポンサーリンク

おしり力を鍛えるイスクワット

おしり力を鍛える方法として、イスをつかったスクワットが紹介。

まず、ただしいスクワットのフォームを覚える

(1)まずイスに腰かけ、手を胸の前に交差させる

(2)腕の反動を使わずに立ち上がる

ポイントは、イスにすわろうとするときに、おしりをめいっぱい突き出す。

正しいフォームを覚えたら

(3)いすに座らずに、触れるくらいで立ち上がる

(4)完全には立ち上がりきらずに、またしゃがんでいく

いずれの動作も3秒くらいかけてゆっくりと行う。

10回を1セットとして、1日2セットを1日おきに行う。

すごくキツイ人は、机などに手を置いて行う。

通勤・通学はリュックサックで

おしり力を鍛えるもう一つの方法は、通勤や通学のときにリュックサックを背負う。

両腕が大きく振れるので、脚に力が伝わって大股で歩くことができ、おしりを鍛えられる。

おしりの割れ目のことを、解剖学的には臀部が裂けると書いて「臀裂(でんれつ)」というのが一番印象に残ってしまったが、イスクワットはAYA流スクワットと同様ひざを痛める危険性も少なそう。

それ以上にいつもリュックサック使っている割には、肩にかけて歩いてしまっているので、今度からは両肩にかけて腕と歩幅に気を付けて歩くようにしてみよう。

カタチから入ることで、筋力はともかく、気持ち的にも元気になれそう。

1回15分?20分?忙しい人でも通えるジム

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ