良かれと思って! AYA流腹筋、スクワット、腕立て伏せ

8月23日の「良かれと思って!」の『巷で人気の先生に鍛えていただきます!!』のコーナーで、番組MCが筋トレに挑戦。

指導してくれたのは、シックスパックのAYAさん。

自らのトレーニングでは、えび反り腹筋や15キロのダンベルを持った高速腹筋などで鍛えているが、番組には、腹筋とスクワット、腕立て伏せを教えてくれた。

スポンサーリンク

AYA流腹筋

ひざを立てて行う腹筋では、足のつけ根に力が入ってからおなかに力が入るので、腹筋にダイレクトに効いてこない。

立てているひざを開いてリラックスさせることによって、ダイレクトにおなかに効いてくる。

そのやりかたは

(1)両足の裏を合わせて、ひざをリラックスさせる

(2)足をひろげたまま、後ろに寝っ転がりバンザイする

(3)そのまま手の反動をつかって起き上がり、つま先を触りにいく

回数をやっていくと急におなかがすごく疲れてくるので、それが腹筋を使っている証拠。

AYA流スクワット

(1)体重をかかとに乗せる

つま先に体重を乗せると、ひざに負担がかかりケガをしてしまう。

(2)両手を上げ、骨盤をひき、ヒップを後ろに引き、後ろにイスがあると思ってしゃがむ

つま先立ちにならないように、お尻を後ろに下げる。

AYA流腕立て伏せ

(1)肩の真下に手をつける

肩よりも外に手をつくと、体重がかからない。

(2)ひじを後ろに引いて、わきを搾って、胸を床につける

(3)起こす

これを繰り返す。

有酸素運動を組み合わせた腕立て伏せ

(1)肩の下に手をおいて、ロッククライマーを1、2、3、4と4回やる

(2)それから腕立て伏せをする

体が早く温まるため、効果的に鍛えられるという。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ