2016年もあと一日、キロ5分を切って走れるように

2016年もあと1日となった。

団塊スタイルの再放送を見ていたら、ここでもドローインが出てきたが、なんだかしっくりこず。

録画はしたので、あとで再度見直そう。Rの法則でやってたドローインのほうがわかりやすいかな?こっちは動画残っているかな?

Rの法則 11/16 腹筋を鍛えるドローインからツイスト・ロールアップ、レッグレイズなどまで
団塊スタイル 腰痛借金返済のための腰痛改善エクササイズ

スポンサーリンク

キロ5分以内で走れるようになった

3度目の挑戦のベターっと開脚も2週目に入るところで止まってしまい、ファンクショナルトレーニングもたまにしかせずで、ぜんぜんダメだなと思ったが、自分を責めるのはよくない。

良く思い起こすと、多少走れるようになった。

今は雪なのと、ひざの外側に痛みがあるので5分以上かかって、3~4キロほどだが、雪のない温かいときならばキロ5分で10キロぐらいまでなら大丈夫。

今年中に10キロ40分を目指したが、そこには達しなかった。まあ、走り始めて半年ほどなので、フォームを確認しながら来年の目標にしよう。

無駄な力を抜いて正しいフォームで走れば、無理な数値目標ではないと思う。

今年は11月でもスキーに行けたのに、結局年内は仕事の目標をクリアできず行けず。

家でできるトレーニングを

明日31日のテレビ欄をみながらこれをダラダラ書いているが、「健康カプセル!ゲンキの時間」で、ハリウッドセレブが愛する!トランポリンエクササイズというのが紹介される。

きっとトランポリンフィットネスの「ジャンプワン」じゃないかな?(ちがうかな?)

シューイチでDJ KOOさんやふかわりょうさんビビットでは君島十和子さんが挑戦していたけど、脂肪燃焼というよりもっともっとハードに見えたが、明日はどんなのかな?

もっと人気が出てきたら、このトランポリンエクササイズにつかう持ち手のついた小さいトランポリンも市販されそうな気がするが、まぁ、そういう道具をあらたに用意しなくてもできるトレーニングを、走る量が減るのをカバーする意味も考慮してやっていきたいな。

そうなると、やっぱり世界一受けたい授業などでやっていたファンクショナルトレーニングかな?

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク