Rの法則 猫背、ハミ肉、ブス尻の3大後ろ姿の悩みにシリトレ

NHK Eテレ「Rの法則」で、猫背や、特に水着になったときのハミ肉、ブス尻の後ろ姿に関する3大お悩み解決策が特集された。

1日たった5分のトレーニングで解決するという。

トレーニング方法を教えてくれたのは、バレエダンサーの竹田純さん。

スポンサーリンク

お尻のトレーニング「シリトレ」基本編

お尻はもちろん、猫背にも効果があるというお尻のトレーニングのポイントは、内股絞りからのお尻締め。

そのやりかたは

(1)かかとを合わせ、つま先を大きく開く

(2)両ひざをつま先と同じ方向に曲げてから、ゆっくりと太ももの内側をくっつける

このとき、内ももの筋肉を引き寄せてから

お尻をポンと締める。

ひざとつま先は同じ外の方向に向けたままにして、足を曲げて伸ばすことで、内ももの筋肉を効果的に鍛えることができる。

開いた太ももを閉じて、お尻を引き締めるのを10回行う。

お尻を締めると骨盤が立ちあがるので、自然とキレイな姿勢になるという。

続いて、お悩み別のトレーニングが紹介された。

スポンサーリンク

猫背に「カエルの舞」

猫背問題を解決するトレーニングとして紹介されたのが、「カエルの舞」

そのやり方は

(1)うつ伏せになり、足裏をつけながらヒザを広げる

(2)両手を前に伸ばす

(3)ゆっくりと息を吸いながら、上半身をアップしていく

しっかりとお尻を締めたまま、上半身をそらす。

これで、背筋を伸ばすのに必要な背中の筋肉が鍛えられるという。

ハミ肉問題に「白鳥の舞」

ハミ肉問題に悩む人におすすめのトレーニングが「白鳥の舞」

そのやり方は

(1)お尻を締めながら、ひざ立ちになる

(2)両手を後ろから広げるように上げる

このとき、肩甲骨を絞り上げるように動かすのがポイント。

(3)そのままゆっくりと、お尻を締めながら両手を戻し、足首をつかむ

再度、両手をうしろから広げるように上げて繰り返す。

肩甲骨を動かし、背中のハミ肉を燃焼させるとのことだが、単純に肩甲骨の可動域を広げるトレーニングとしても良さそう。

ブス尻問題に「フラミンゴの舞」

(1)かかとをつけ、つま先を広げ、両手を腰の位置にそえる

(2)ひざを外に曲げながら、右足を上げておろす

これを5回繰り返す。

もも裏からお尻にかけての筋肉を刺激する。

(3)同じように、横に上げておろすのも5回行う

(4)さらに、後ろに上げてはおろすも5回行う

左足も5回ずつ繰り返す。

全方向からお尻の筋肉を鍛えることで、理想のプリッとしたおわん型のお尻になれるという。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ