世界一受けたい授業 サッカー長友式ヨガで腰痛・肩こり・ぽっこりお腹撃退

7月8日の「世界一受けたい授業」で、サッカー日本代表・長友佑都選手が体の不調を改善できる3つのヨガトレーニングを教えてくれた。

ヨガをやって、しなやかな筋肉になってケガもなかなかしなくなり、腰痛も無くなったという。

【関連記事】
世界一受けたい授業 その調理、9割の栄養捨ててます!リンゴはスターカットに

スポンサーリンク

見返り美人のポーズ

お腹の引き締めに効果が期待できるという「見返り美人のポーズ」のやり方は

(1)四つん這いになって、右のおしりに重心をおき、そのお尻をのぞきに行くような形になる

(2)左足を伸ばす

(3)伸ばした足を右側にもっていき、その足を覗き込む

右の脇腹が縮んでいる部分と、逆の左側の伸びている部分を意識する。

呼吸は鼻で行い、10秒間ほどキープする。

同様に、逆側でも行う。

1日に2セットずつが目安。

ポイントは、お腹が沈まないように腰を高い位置でキープすること。

体幹を左右に曲げ動かすことと、腹直筋などのおなか周りの筋肉で体幹を支えることで、おなかの引き締めにつながる。

腰痛改善にクワガタのポーズ

(1)右脚を伸ばし、左脚を曲げて座る

(2)背筋を伸ばし、上半身を左にねじる

背骨の一本一本がねじれているような感覚をもつと良い。

(3)左腕を弧を描くように上げ、右腕は軽く足に置く

きついときほど呼吸が止まってしまうが、呼吸はゆっくりと鼻から吸って、鼻から吐く。

15秒ほどキープしたら、反対側も同じように行う。

アラウンド・ザ・ワールド

最後に、肩こり改善が期待できる「アラウンド・ザ・ワールド」のやり方が紹介された。

(1)あぐらをかいて座る

(2)親指と人差し指で輪をつくったら、内にまわして、

おおきく円を描き、元の姿勢に戻ってくる

肩だけでなく、体全体、上半身全体を使って動かす。

これを、左右5セット行う。

指を変えて、親指と中指、親指と薬指で輪をつくって、同じように動かす。

指を変えることで、使う筋肉や神経が違うのだとのこと。

肩甲骨や肩回りの筋肉の可動域をしっかり出すように、大きく回す。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] 【関連記事】 ・世界一受けたい授業 サッカー長友式ヨガで腰痛・肩こり・ぽっこりお腹撃… […]