サタデープラス 左右の脚の長さが違う人は寝たきりになるリスクが!?

6月10日の「サタデープラス」

テレビ生健康診断!足からわかる3つのリスクとして左右の脚の長さの違いが取り上げられ、変形性股関節症の可能性や予防する運動が紹介された。

【関連記事】
サタデープラス かかとカサカサに「かかととつま先の上げ下げ体操」
サタデープラス 足指感覚チェック スクエア型・ギリシャ型・エジプト型にあった靴を

スポンサーリンク

脚の左右の長さが0.5センチ以上違うと要注意

イスに座り、かかとを合わせて股関節から膝小僧までの左右の脚の長さを測ると、長さの違う人が多い。

大阪大学病院の菅野信彦教授によると、0.5センチ以上差があると要注意。変形性股関節症を発症している可能性がある。

そもそも股関節とは、骨盤と大腿骨がつながっている連骨部分。

変形性股関節症は、大腿骨と骨盤の関節のすきまが狭くなり、軟骨がすり減って薄くなる症状。

この変形性股関節症を発症すると、左右で軟骨のすり減り方が異なり、左右の脚の長さが違ってくる。

最終的には、体重のかかる部分の軟骨がすり切れて骨同士が当たって、歩くと非常に痛かったり、歩きすぎたときには夜に疼いて眠れなくなったりすることがあり、歩くことが困難にになって寝たきりになるという危険もある。

変形性股関節症予防に「股関節のローリングストレッチ」

変形性股関節症から股関節を守る1日30秒のストレッチが紹介。

股関節に圧力をかけずに股関節をストレッチする「股関節のローリングストレッチ」のやりかたは

(1)イスに座って、片足を組む

(2)組んだ足を手で持ちあげて、股関節からグルグル回す

股関節からゆっくりと回すことによって、変形で凝り固まった筋肉やじん帯をしなやかに改善できるという。

これを、1日1回30秒行う。

病気予防というだけでなく、股関節をやわらかく使うのにも良さそう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ