熱トレで健康的にシェイプアップ!イスを使ったふくらはぎ・もも裏・内もものストレッチ

NHK Eテレ「まる得マガジン 熱トレで健康的にシェイプアップ!」の第4回は、イスを使ったストレッチ。

日頃歩かない人は、足首・足の裏や股関節が固くなってしまい、歩幅が狭くなり歩くのが遅くなり、効果的に熱を代謝できなくなる。

眠っている筋肉を目覚めさせるイスを使ったストレッチを、スポーツドクターの中村格子先生が教えてくれた。

【関連記事】
まる得マガジン “熱トレ”で健康的にシェイプアップ!呼吸法
熱トレで健康的にシェイプアップ!股関節・足首のストレッチと歩き方
熱トレで健康的にシェイプアップ!下半身に効くタオルランジ

スポンサーリンク

ふくらはぎのストレッチ

(1)イスに片足をのせ、軸足でしっかり床を踏みしめ、のせた足のひざを伸ばす

このとき、背骨をまっすぐ伸ばすようにする。

(2)ひざ裏の伸びを感じたら、のせている足のつま先を上げ下げする

かかとを突き出すようにして、つま先を上に向ける。

次に、足首の前から足の甲までをできるだけ伸ばす。

10回行ったら、反対の足でも同様に行う。

スポンサーリンク

もも裏のストレッチ

(1)片足をイスにのせ、上体を股関節から倒す

上げたひざはしっかり伸ばし、背筋が丸まらないように注意する。

(2)太ももの裏に張りを感じたら、そこでつま先を上下させる。

10回行ったら、反対の足も同じように行う。

内もものストレッチ

イスに座って両足をピタッとくっつけてみたとき、きついと感じたらすでに内ももの筋肉の衰えが始まっている。

内もものストレッチのやりかたは

(1)イスを体の左に置き、左足をのせる

軸足はしっかり床を踏みしめ、上げた足のひざを伸ばす。

(2)股関節から太ももの内側の伸びを感じたら、つま先を上下させる

10回行ったら、反対の足も同様に行う。

さらに、ストレッチを深めていくと

(3)(1)に加えて、さらに右腕をまっすぐ耳の横に伸ばす

(4)ここで、鼻から息を吸い、息を吐きながら体を左に倒し、右の体側と脇を伸ばす

(5)右の脇が伸びると同時に左の股関節から内もものストレッチが深まるのを感じたら、つま先を上下させる

これを5回行ったら、反対の足も同じように行う。

深く曲げようとして上体が前に倒れると、体側がうまく伸びずももの内側に効かない。

しっかり正面を向き、上体をキープして行う。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ