まる得マガジン “熱トレ”で健康的にシェイプアップ!呼吸法

NHK Eテレ「まる得マガジン」の新シリーズ「”熱トレ”で健康的にシェイプアップ!」の第1回は呼吸法について。

熱トレとは、熱エネルギーを作り出す機能を高めるトレーニングのこと。

健康で引き締まった身体を作るには、ただ食事を減らすのではなく、運動して良い食事をとり筋肉をつけエネルギー代謝を上げることが大切。

スポーツドクターの中村格子先生が、熱トレの基本となる正しい呼吸法を教えてくれた。

【関連記事】
まる得マガジン “熱トレ”で健康的にシェイプアップ!呼吸法
熱トレで健康的にシェイプアップ!イスを使ったふくらはぎ・もも裏・内もものストレッチ

スポンサーリンク

寝て呼吸する

筋肉の燃焼効率を上げるには、呼吸によってたっぷり酸素を補給することが大切。

まず、仰向けに寝た状態での呼吸法から。

そのやりかたは

(1)仰向けに寝て、全身の力を抜く

(2)腰が反りすぎないように注意し、片手を胸、もう片手をおなかにのせる

(3)軽く目を閉じリラックスしながら、鼻からゆっくり息を吸い、口からゆっくり吐く

吸ったときには、胸とおなかが膨らんで両手が遠くなり

吐いたときには、胸とおなかがへこんで両手が近くなる

(4)これを繰り返し、徐々に呼吸を深めていく

座って呼吸する

続いて、いすに座ったときの呼吸のしかた。

重要なのは正しい姿勢で行うこと。背中が丸まり、肩と首が前に出た猫背姿勢だと、胸が縮こまり横隔膜の動きが妨げられるので深い呼吸ができない。

(1)座骨の上に骨盤と背筋がまっすぐのり、背筋がピンと伸びた状態にする

(2)両足をしっかり床におき、両手を肋骨の脇にそえる

(3)鼻からゆっくり息を吸い、口からゆっくり吐く

(4)肋骨が前後左右に大きく膨らむのを感じながら、深い呼吸を繰り返す

熱トレは食事も大事

太ったなと思ったら多くの人は食べる量を減らしたり、野菜だけを摂ろうとしたりするが、これでは筋肉の材料となるタンパク質が不足して、代謝の良い体を作ることができなくなる。

しっかり食べて、燃焼効率のよい体をつくる。

そのとき守らなければならないという3つのポイントは

・必ず朝食を摂り、炭水化物・ビタミンを摂取する・・・一日の代謝のスイッチをオンにする。
・タンパク質をしっかり補う・・・肉や魚に含まれるたんぱく質は、筋肉を作り代謝をアップさせる。
・規則正しく食べる・・・食事が不規則になると、体は飢餓状態に備えて脂肪をため込もうとする。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク