ジェーン・スー「今夜もカネで解決だ」のオーナーに会いたくなる店

5月20日の「王様のブランチ」で、「私たちがプロポーズされないのは、101の理由があってだな」の著者ジェーン・スーさんの最新エッセイ「今夜もカネで解決だ」が登場。

マッサージや整体、岩盤浴やネイルサロンなどの癒しスポットを店の名前無しで紹介しているエッセイだが、「オーナーに会いたくなる店」のオーナーさんも簡単にインタビューされた。

スポンサーリンク

オーナーに会いたくなる店

オーナーに会いたくなる店と紹介されているのは、東京・渋谷道玄坂の「リラクゼーションまるめ」

リラクゼーションにたくさんお金を使ってきたスーさんだが、「あとちょっと・・・」が必ずどこにもあり、整体コースとリラクゼーションコースはあるが混ぜてほしい、どれかだけでなく、できればカスタムしたいなどと思っていたという。

そんなのあるわけないはずのお店が「リラクゼーションまるめ」

この店には、決まったメニューがない。

施術の時間だけを決めたら、カウンセリングの上、オイルで流す、足裏をほぐす、手でほぐす、ストレッチ、フェイシャルなどから、そのときの状態に応じて施術を組み合わせてくれる、いわばオーダーメイドシステム。

『さまざまな店に通った挙句の「あとちょっと・・・」が溜まっていなければ』思いつくはずなく、『この店のオーナーは相当マッサージにつぎ込んだに違いない』と感じたのだそう。

まさしくその通りで、オーナーさんは15年くらいリラクゼーションに通っているという。

恋愛もカネで解決?

本の題名は、スーさんが失恋したときにネイルサロンでネイルを塗られながら「女性の悩みでお金で解決できないことなんてほとんどないんですよ」と言われたことから来ているという。

自己流のストレッチなども悪くはないが、しっかりプロの手を借りてリフレッシュして、スーさんがコメントしていたように「ぐるぐる経済をハムスターのように回していく」ことができると好いな。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク