美筋ボディーメソッド 腕立て伏せ

NHK Eテレ「趣味どきっ!美筋ボディメソッド」

フィットネストレーナーAYAさんが講師を務めるチャプター2の3回目は、腕立て伏せ。

【関連記事】
ジムもAI! 短時間で効率よくトレーニングできる「エクササイズコーチ」

スポンサーリンク

基本の腕立て伏せ

(1)肩の下にしっかりと手を置き、つま先を立て体を一直線に伸ばしプランクポジションをつくる

おなかとお尻をしっかり締める。

(2)ひじを後ろに引いて、胸を床にペタっとくっつける

ひじを曲げるときは、脇をしっかり締める。腕が横に開くと、肩やひじに負担がかかるそう。

(3)おなかとお尻に力を入れて、持ち上げる

床にペタっとくっついたときは、いったん休憩になってもかまわない。もう一度体勢を作って、おなかとお尻に力を入れて起こす。

腕立て伏せ 初級編

(1)壁に手をつき腕を伸ばし、体を少し斜めに倒す

(2)ひじを後ろに引き、壁に胸を近づける

(3)元の姿勢に戻す

足を壁から離すほど、負荷が上がってしんどくなってくる。

慣れてきたら、いすやテーブルに手をついて行う。

いすでできるようになったら、ひざを床について足をクロスさせて行う。

おなかに力を入れて、上半身とお尻がセットになったように行うと良いそう。

上級編 タックプッシュアップ

(1)プランクの姿勢から、ジャンプして両脚を前にもってくる

(2)続けて両脚を後ろにジャンプしたら、すぐに基本の腕立て伏せ(あるいはひざを床につけて腕立て伏せ)をする

体の中からキレイになる! 美筋ボディーメソッド (趣味どきっ!)

新品価格
¥1,290から
(2017/5/8 22:57時点)

ワークアウトは、チャプター2の総仕上げとして、間に休憩30秒を挟んで、1分ずつスクワット、腹筋、腕立て伏せをするトレーニングが紹介された。

ちょっとやってみたが、もうスクワットも腹筋も忘れかけている・・・。それだけ何もやっていないということか。

プランクだけでも、しっかり続けよう。

【関連記事】
美筋ボディーメソッド プランクもスクワットもおなかに力を入れる
美筋ボディーメソッド 腹筋は回数をこなす

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク