金スマ 2/10 腰痛も筋膜リリース L字・見返り・もも裏筋膜リリースのやり方

2月10日の「金スマ」で、再び筋膜リリースが取り上げられた。今回は、肩こりの他に腰痛改善のための筋膜リリースが紹介。

前回から続く遼河はるひさんと、松本伊代さん、たんぽぽの川村エミコさんが筋膜リリースに挑戦した。

教えてくれたのは、首都大学東京の竹井仁先生。

【前回の肩こり改善の筋膜リリースはこちら】
金スマ 1/20 肩こり解消の平泳ぎ筋膜リリース、肩甲骨回転シェー筋膜リリース、なんちゃってバレリーナ筋膜リリース

スポンサーリンク

筋膜とは

筋膜とは、筋肉を包み込んでいる伸縮性のある膜のこと。

筋膜の役割は、線維の束である筋肉を正しい位置や形にとどめること。

筋膜のゆがみが肩こりや腰痛に

この筋膜のゆがみが、筋肉を硬くし、肩こりや腰痛を引き起こす原因になる。

ゆがんでいるところは筋肉がいつも頑張っていて、筋肉の中の血管をギュッと圧迫しているので、血流が悪くなり筋肉が硬くなる。

マッサージで筋肉を柔らかくしても、筋膜もほぐさないと、凝ったまま治らない。

筋肉を覆う筋膜は全身でつながっているので、歪んだ全身の筋膜を正しく戻すことが重要。

腰痛にはももの裏の筋膜もほぐす

お辞儀をするとき、ももの裏が硬い人は、ももの裏が伸びずに腰に負担がきて、腰痛のリスクが高まる。

腰痛には腰の筋膜だけでなく、ももの裏の筋膜をほぐすと効果的。

スポンサーリンク

肩こり&腰痛チェック

肩こりの状態は、背中で両手を組めるかで肩の柔らかさをチェックする。

腰痛については、腰ともも裏の柔らかさを、立位体前屈で計測する。

肩甲骨回転シェー筋膜リリース

ここから筋膜リリースのやり方が紹介。まずは、前回の放送でも紹介された、シェー筋膜リリース。

(1)右腕を頭上、左腕を背中にまわし、ひじの角度を90度に保つ

(2)両ひじの90度を保ったまま、両腕を反時計回りに動かし20秒キープする

(3)右足を左足の前に交差して出し、体の右側面を伸ばし20秒キープする

(4)最後に、この状態のまま、鼻を左肩につけるイメージで首を回し20秒キープする

反対側も同じように行う。

L字筋膜リリース

(1)テーブルに両手をつき、下を向いたまま上体を前へのばし、もも裏が伸びるように30秒キープする

このとき、かかとはしっかり床につける。

見返り筋膜リリース

(1)歩くときと同じ要領で、右手と左足を前に出し、右手をテーブルにつく

このとき、両足のかかとは床につけ、右ひざはまっすぐに伸ばす。

(2)その状態のまま、左手をしっかりと上にあげて20秒キープする

(3)視線を左に移して、上半身を左にひねり20秒キープする

(4)右ひじをテーブルについて、先ほどと同様に上半身を左にひねり20秒キープする

反対側も同じようにおこなう。

もも裏筋膜リリース

(1)いすに座り、ペットボトルなど低めの物に片足を乗せ、ひざを軽く曲げる

(2)両手を腰に当て、背筋を伸ばしたまま、ゆっくりと上体を倒し、もも裏の伸びを意識しながら30秒キープ

反対の足でも行う。

以前、NHKで放送されたときもそうだったが、適当な大きさのテーブルがないなと思っていたが、普段つかっている机が割とぴったりの高さなので、机の上の要らないものもリリースして、筋膜リリースしてみよう。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク