ランスマ 12/10 肩甲骨と骨盤の連動のしかた、丹田を意識した前傾姿勢のとりかた

12月10日のNHK BS「ランスマ」は、出張 教えて!金さん in 岡山。

立ち方、前傾姿勢を取るための腹筋の力の入れ方、スマホでのフォームの撮りかたなどを教えてくれた。

スポンサーリンク

緊張のほぐすにはもっと力を入れる

緊張でスタート字に息が上がるというお悩みに、金哲彦さんが回答。

息が上がっているということは相当ガチガチになっている。力んでいるというのは中途半端に力が入っている。

ほぐすには、もっと力を入れてあげる。具体的には

(1)全身に力を8秒入れ、一気に抜く

これを3回繰り返すと、体から余計な力を抜くことができて緊張もほぐせるという。

マラソンって、練習やってくれば同じことをやればいい。やってきたことを振り返って、ひとつでも不安を無くしていくとも。

給水所の水を走りながら飲めない

完全に脚を止めないと飲み込めないという悩みに、金さんは、コップ持っていきなり飲もうとしてもむせると回答。

給水所で水を取ったら、飲む前に1回深呼吸して、そのあと吸った息を止めて飲む。

そしてまた深呼吸して、吸った息を止めて飲むとむせにくいそう。

正しいフォームの基本は立ちかた

体の重心がぶれずにしっかり立たないと、走ったときの左右のバランスがくずれてしまう。

(1)脚を腰幅に開き平行に

このとき、体重も均等にかける。

(2)おへそを正面から床に向けるように意識する

そうすると、骨盤が立ち、背筋も伸びる。

スポンサーリンク

肩甲骨を使って、骨盤と連動させる

肩を動かすのではなく、肩甲骨を動かす。

肩を下げて肩甲骨を動かすと、骨盤が動く。

肩の力の抜き方

(1)二人一組になって、肩幅より大きく開いたパートナーの脚(の横)に背中を当てて、両肩を押してもらって体重をかけてもらう

(2)その力を肩で押し返したり戻したりすることで、肩の力が抜ける

肩甲骨を動かす

(1)てのひらは前に向けてパーに開いて、(脇を開いて)両腕をゆっくり上げ下げする

パートナーに肩甲骨の間を触ってもらうと意識しやすい。

おなかの筋肉をつかった前傾姿勢のとりかた

前傾姿勢のときは、おなかの筋肉を自然と使う。

おへその指3本分下にある丹田を意識する。

丹田でげんこつを押し返すイメージを持つと、おなかに力が入り前傾姿勢を保てる。

丹田に力を入れ、体に軸ができたように感じられたらOK。

「りさっちのように楽しく走りたい」という質問に、高樹リサさんは「走れないこともあるという気持ちをちょこっと持って走っている」と笑顔で回答していたのが、とても奥深い。

【関連記事】
ランスマ 前傾をキープする新聞トレーニング、骨盤を使って走るおっぱい走り

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク