ホンマでっか!?TV 10/26 太る人太らない人

10月26日の「ホンマでっか!?TV」は、すぐ太ってしまう人と太りにくい人の差について。

箇条書きだが、メモしないと忘れ去ってしまうので、とりあえずメモ。

ホンマでっか!?TV 大腸がんは一滴の血液で早期発見できる!? 

スポンサーリンク

チョコを食べる回数が多いほうがやせる

AFP通信によると、チョコレートをよく食べる人は太りにくいという。

チョコレートを食べる回数(量でない)が多い人のほうが、ぜんぜん食べない人と比べて痩せているという、アメリカ医学界の内科の専門誌に掲載されたデータがあり、チョコレートの中に代謝を促す物質があるのではと推測されている。

脳科学評論家・澤口俊之先生によると、チョコレートは万能食で、寿命も延ばし、脳卒中の軽減にもよい。

父親が飢餓状態だと子どもが肥満に!?

統合医療評論家・亀井眞樹先生によると、現在わかっている肥満に関係している遺伝子の中で最も関係するFTOという遺伝子があるが、この遺伝子を持っていることで増える体重は1kg。

遺伝子そのものは変化を受けないが、環境次第で遺伝子のスイッチがオンになったりオフになったりすることが、肥満と深い関係があることがわかってきている。

父親が飢餓状態で生活していると、精子の遺伝子のスイッチが切り替わる。

母親の卵子と受精すると、ふつうはスイッチのオンオフは影響しないが、父親が飢餓状態になるという情報は残りそのまま子どもに伝わり、子どもは食べたものを溜め込みやすい体になってしまう。

デブは病気といわれるとますます太る

経済評論家・門倉貴史先生によると、太っている人に「デブは病気である」と言うと、ますます太ってしまう。

リッチモンド大学の調査では、肥満が病気だったら仕方ないと、ダイエットはおろか、危険な暴飲暴食に走ってしまったりする。

澤口先生によると、実際に太っていようといまいと10歳のころに親から「太りすぎ」と言われると、19歳のときには肥満の可能性が1.66倍になる。

環境評論家・武田邦彦先生によると、母親が否定的な言葉を先に言うと、子どもはその言葉だけを捉え育ってしまう。

「あなた、ぐずよ」の後に「素早くなりなさい」という言葉があっても、後の言葉は子どもはわからない。

お母さんが最初に言う言葉が前向きでないといけない。

スポンサーリンク

硬いものを食べる

武田先生によると、少し肥満気味の人は硬いものを食べると良い。

満腹感を感じるのは、食事をし始めてから約30分後。

そういうのが反応する前に食べ過ぎてしまうと、太ってしまう。

もうひとつ、脳が満腹感を感じるのが噛む数。

硬いものは噛む回数が多く、噛んでいるうちに脳がこれでよいと判断する。

動いてエネルギーを消費する

骨格筋評論家・岡田隆先生によると、減量のためのテクニックがいろいろあるが、動いてエネルギーを消費するのが基本原則。

日常生活のなかで筋肉をよく使うような生活スタイルを作っていくのが大事。

例えば、自転車のサドルを一番低くして前かがみになって漕ぐと、太ももの筋肉をよく使う。

太ももの筋肉は大きな筋肉なので、エネルギー消費を稼いでくれやすい。

サドルを一番低くすると、筋肉をよく使う動きになりキツいが、やはりキツくないと結果は得られない。

コーヒー一杯飲んでから運動する

印象評論家・重太みゆき先生によると、カフェに立ち寄ってからジムに行くと痩せやすい。

仕事が終わったあとすぐにランニングを一生懸命する人もいるが、ブラックコーヒー一杯を飲んで30分のんびりしてから運動すると、脂肪燃焼効果が20~50パーセントアップする。カフェインなら何でもよい。

新タイプ糖尿病薬が抗肥満薬の可能性も

分子技術評論家・山本尚先生によると、糖尿病は糖が体外に出るので、本当はすごく減量には良い。

血液の糖は腎臓を通過した後、尿細胞の血液から再吸収されてしまうが、その再吸収しているところをストップすることができたら、すごく良い糖尿病の薬になる。

アメリカの制約会社のチームで発見されたこの新しいタイプの糖尿病の薬が、抗肥満薬になる可能性を秘めている。

同じ量でも小分けすると太りやすい

生物学評論家・池田清彦先生によると、1日5回以上食べる人は、同じ量でも、2回以下で食べる人よりも太りやすい。

同じカロリーを食べているにも関わらず、小分けにすると太りやすい。

いっぺんにたくさん食べると消化しきれず、そのまま便として出るとのこと。

姿勢を見ると痩せやすいかわかる

岡田先生によると、筋肉で保つパターンと骨の支えによって保つパターンに大別される。

骨に依存している場合はエネルギーの消費が起こらないので、日ごろからエネルギーを消費しにくい体になってしまう。

猫背の場合は、おなかとか前の胸の骨でつぶれて姿勢を保ってしまう。

一方、背筋を張ると脊柱起立筋という背筋の力で姿勢を保つので、その分エネルギー消費を起こしている。

肩甲骨が閉じていると、太って見えない

重太先生によると、肩甲骨が閉じていると、体重があっても太っているように見えない。

後姿だけで体重あてクイズをすると、本当の体重よりも少なく見積もられた人は、肩甲骨がポコッと出て閉じてしてウエストがくびれている。

肩甲骨を閉じる体操

デスクワークだったり、スマホだったり、どうしても猫背になりやすいので、1日3回、朝昼晩体操をすると良い。

(1)両手を肩にのせたまま、肩甲骨が後ろに飛び出るくらいに、後ろに10回くらい回す。

(2)後ろから前にも10回まわす。

1日に3セット行う。

【送料無料】美脚 レッグスライダー【クーポンで100円OFF】ダイエット器具 ダイエット 足 下半身 器具 美脚マジック レッグチェンジ レッグマジック ではありません 腹筋 太もも 痩せ 脚痩せ
価格: 3,980円 レビュー評価:4.09 レビュー数:4994 (2016.10.27時点)
美脚 脚痩せ ダイエット のレッグスライダーならピュアライズがおすすめ! ☆★美脚 レッグスライダー★☆ 乗ってスライドするだけで効果バツグン!! テレビを見ながら簡単エクササイズ★ 美脚ゾーンを徹底的に引き締めます! 足を開いて閉じるだけで下半身を集中的に太ももやお尻のたるみ、気になるところを手軽にエクササイズ!! 下半身 脚痩せ 太もも ダイエット・健康 ダイエット 器具 ダイエット器具 シェイプアップグッズ 美脚マジック レッグチェンジ レッグスライド レッグステッパー レッグマジック レッグトレーニング ではありません。 【カラー】 ピンク ・ ホワイト ・ ブラック
Supported by 楽天ウェブサービス

ダイエットはゆっくり長く

亀井先生によると、太りやすいか、太りにくいかは自分で決められる。

ダイエットは一度始めたら急激にやるのではなく、長くゆっくりゆっくりやることで、無理せず体質改善できる。

なかなか数字が下がらないが、ダイエットがゆっくりでも成功していると、暖まってくる。

触るとやわらかくぷにぷにする脂肪が出てきたら、痩せ続けていると思ってよい。

そうやって、2年3年とゆっくり痩せていくとよい。

お腹のくびれはお腹をへこませツイストで

岡田先生によると、体にくびれがあると多少脂肪がのっている状態でも美しくみえることがある。

お腹まわりのくびれをつくるには、起き上がる腹筋運動ではできない。

お腹をへこませた状態でひねるツイスト運動をすると良い。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ