Eテレ きょうの健康 インターバル速歩に挑戦!

9月7日のNHK Eテレ「きょうの健康」

運動の健康効果がテーマのこの週の、3日目は長野県松本市から実践編の「インターバル速歩に挑戦!」

講師は、松本大学大学院教授の根本賢一先生。インターバル速歩の開発者のひとり。

スポンサーリンク

インターバル速歩とは

インターバル速歩は、早歩きとゆっくり歩きを交互に数分間ずつ行う運動。

持久力も筋力もアップするだけでなく、最高血圧も大きく改善することが期待できる。

1日の速歩の合計時間が15分以上、速歩のときに最大体力の70パーセント程度の強度を目指す。

準備運動

・アキレスけん伸ばし・・・手を腰にあて、右脚を後方に引き、かかとを浮かせないようにしてじわじわっとのばす。10秒間そのまま。逆も同様に行う。

顔が下を向くと伸びないので、まっすぐ正面を見る。

・ふとものの前のストレッチ・・・右足の甲あたりを後ろ手に持って10秒間。これ結構バランスが難しい。

ふらつく場合は、他の人の肩などにつかまりながらでもよい。

・肩のストレッチ。・・・ゆっくり1,2、3と数えながら10まで腕を交互に真上に上げる。

・股関節のストレッチ・・・両足を肩幅より広く開いて手を膝の内側にあて、右肩から中に10秒間入れる。左肩も同じように10数えながら行う。

きつめの速さで大股で

手はグーにせずに開いて、腕はうしろに大きく振る。

目線は遠くを見て、自分ではきつめの速さで、大股で歩く。

ゆっくりしたジョギングに近いくらいの速さで歩く。

すべてを大股で歩くのがきつい場合は、1,2,3と数えながら3歩目だけ大股で歩く。

ゆっくり歩くの組み合わせて繰り返す。

3分の速歩を5回でも、1分の速歩を15回でもよい。

通勤時でも、お買い物のときにでも、行うことができる。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連コンテンツ