Eテレ まる得マガジン 水中ウォーキング 体幹を鍛えよう

NHK Eテレまる得マガジン「水中ウォーキングですっきりボディー」の第5回は、体幹を鍛えよう。

教えてくれる中央大学水泳部監督の高橋雄介さんによると、体幹を鍛えると、基礎代謝量が増えて太りにくい体になり、良い姿勢も維持できるようになる。

スポンサーリンク

ひざ90°外タッチ

・ひざが90°になるよう持ち上げ、上半身をひねってひざの外側をタッチする。

ポイントは、背筋をまっすぐにたもつこと。上半身が倒れないように気を付ける。

ウエストをひねりながら歩くこの運動でつかうのは、おなかの横側の腹斜筋。この腹斜筋はコルセット筋ともよばれ、ここを鍛えるとウエストがきゅっと引き締まるそう。

つま先タッチウォーク

・足を前へ振り上げ、反対側の手でつま先をタッチする。

ポイントは、足を上げる時、ひざをまっすぐに伸ばすこと。地面と平行になるくらい上げる。

下腹の腹直筋を鍛える。

横ストレッチウォーク

・上半身を横に倒し、体の側面を伸ばす。

体が前に倒れないよう、気をつけながらしっかり伸ばす。

水中ではバランスが難しいので姿勢を維持するだけで、体幹を鍛えることができる。ももの前側やお尻も引き締める。

後ろ蹴り上げウォーク

・ひざを90度に曲げたまま、後ろに2回蹴り上げる。

・足を前に出し、かかとから着地する。

軸足に体重をかけ、リズミカルにおこない、お尻の筋肉をつかって、股関節からしっかり動かす。上半身は、まっすぐな姿勢を保つ。

体幹を支える大臀筋や、ももの裏側に効く。

体幹トレーニングも、水中で行えるんですね。もし、普通の体幹トレーニングで挫折してしまったという人は、この水中ウォーキングによる体幹トレーニングでリベンジしてみてはいかがでしょう?

関連コンテンツ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク